セルフネイル・ジェルネイル提案通販サイト【#NOTD】TOP >

セルフでもできる!ジェルネイルの人気アレンジデザインのやり方


INTRODUCTION

ジェルネイルは、色んなアレンジができることから多くの人がセルフネイルとして楽しんでいます。今回は、そんなジェルネイルの人気アレンジデザインを紹介!やり方を把握して、セルフネイルの幅をもっと広げていきましょう。


ジェルネイルで楽しめるアレンジデザイン集

グラデーションやフレンチ、ドットなど人気が高いアレンジデザインを、ウィークリージェルを使って可愛く作っちゃいます。セルフでも簡単にできるので、ぜひ試してみてください!

グラデーションネイル

まずはジェルネイルの中でも、シンプルでアレンジバリエーションが豊富なグラデーションネイル!今回は同じカラーを使って爪先が濃く、先端に向かってだんだん薄くなる基本のグラデーションネイルに挑戦します。

ITEM INFO

【準備するもの】


PROCESS01

【やり方】
1.ベースジェルを塗る

プレパレーション(※消毒・甘皮処理・など、ジェルを塗る前に行う自爪の下準備)をして、ネイルクレンザーで余分な油分・汚れを拭き取ります。その後にHOMEI ウィークリージェルのWG0 クリアを爪全体に塗って、

硬化します。

2.WG-10 ブラウンを爪先2/3に塗る

クリアカラーの硬化が完了したら、次はHOMEI ウィークリージェルのWG11 アンティーク ローズを爪先から2/3まで塗って、

スポンジや綿棒を使って境目をポンポンと叩いてぼかします。

ポンポンとぼかした後は、再度硬化します。
好みのグラデーションができるまで、この流れを2~3回するのが◎

3.最後にWG-0 クリアを塗る

好みのグラデーションになったら、仕上げとしてWG-0 クリアを塗って硬化させたら完成です!


SUMMARY

【ワンポイントアドバイス】

①グラデーションの境目をぼかすときは、あまり力を入れずにポンポンとするだけ!
②ポンポンとぼかした境目がポツポツと凹凸になる恐れがあるので、最後は必ずWG-0 クリアを塗りましょう。
グラデーションネイルのアレンジなど、もっと詳しく知りたい人はこちらをチェック!



【#NOTDが提案するグラデーションネイルのデザインレシピ】

スポンジでポンポンと押すだけで作れる簡単グラデーションネイル!
大人っぽいくすみカラーも、キラキララメのおかげで可愛らしさアップです。


フレンチネイル

ジェルネイル、マニキュア問わずネイルデザインの定番とも言えるのがフレンチネイルですよね。今回はスタンダードな白いフレンチネイルを作っていきます!

ITEM INFO

【準備するもの】


PROCESS01

【やり方】
1.ベースジェルを塗る

プレパレーションをして、ネイルクレンザーで余分な油分・汚れを拭き取ったら、
HOMEI ウィークリージェルのWG0 クリアを爪全体に塗って、

硬化します。

2.爪先にWG1 ウェディングドレスを塗る

フレンチ部分となる爪先に、HOMEI ウィークリージェルのWG1 ウェディングドレスを塗ります。サイドから中央に向かって、線を引くような感じでラインを作りましょう。

反対側も同じ手順で塗って、

硬化します。

3.2度塗りをする

1回目を塗り終わったら、色ムラを無くすためにフレンチ部分を2度塗りすると◎
なお、2度塗りが終わった後も硬化するのをお忘れなく!

4.最後にWG-0 クリアを塗る

爪の長さや形に合わせて好みのフレンチができたら、仕上げにWG-0 クリアを塗って硬化させると完成です!


SUMMARY

【ワンポイントアドバイス】

①フレンチを作るときはボトルの口でハケをしごいて、筆先を整えると良いですよ。
②フレンチのスタート地点が左右とも同じ高さにするには、描き始めの位置を揃えておきましょう。
③フレンチのカーブを細めの幅にすることで、爪がキレイに見えます。



【#NOTDが提案するフレンチネイルのデザインレシピ】

スタンダードなフレンチよりも、ラインの位置が低い“逆フレンチ”も人気デザインの1つ!
大人っぽい雰囲気で洗練されたイメージの逆フレンチネイルはオフィスにもばっちりです。

普通のフレンチネイルは物足りない!という人にピッタリなのは、変形フレンチネイルです。夏っぽい爽やかなカラーを使って、いつもとは違うフレンチネイルに仕上げるのも◎

カラフルな色あいで、溶けかけアイスを可愛く描いた変形フレンチネイルもいいですよね♡
ゆめかわいい雰囲気で、キュートな指先にしちゃいましょう。

ラメとシェルを合わせて作った、キラキラと輝くフレンチネイル!作り方はとっても簡単だけど、指先の存在感がアップすること間違いないです。


ドットネイル

ドットネイルはネイル初心者さんでも簡単にできることから、人気の高いアレンジデザインです。しかも、ドットの大きさや配色を変えることで、自分好みのデザインも楽しめるので、マスターしておきたいところ!まずは、基本のドットネイルのやり方を押さえると良いですよ。

ITEM INFO

【準備するもの】


PROCESS02

【やり方】
1.ベースジェルを塗る

プレパレーションをして、ネイルクレンザーで余分な油分・汚れを拭き取ったら、
HOMEI ウィークリージェルのWG0 クリアを爪全体に塗って、

硬化します。

2.ベースカラーを塗る

ベースカラーとなるHOMEI ウィークリージェルのWG10 ミルクティ ブラウンを塗って、

再度、硬化します。

なお、ベースカラーは2度塗りするのがオススメです!1回目の硬化が終わった後は、もう一度WG10 ミルクティ ブラウンを塗って硬化しましょう。

3.ベースカラーの上にドットを描く

小さくカットしたアルミホイルの上に、ドット柄に使うHOMEI ウィークリージェルのWG1 ウェディングドレスを少しだけ出しておきます。

爪楊枝の背にWG1 ウェディングドレスをつけて、

スタンプを押すような感じで、ベースカラーの上にポンポンと押し付けます。

このように爪楊枝の背を使って、ドットを描くことができたら、

硬化します。

4.最後にWG-0 クリアを塗る

ドットを描いた後は、仕上げにWG-0 クリアを塗って硬化させたら完成です!


SUMMARY

【ワンポイントアドバイス】

①ベースカラーは2度塗りをすると、色ムラが無くなってツヤがアップします。
②ドットは、3列分ほど規則的にずらしながら描くとキレイな仕上がりになります。
③小さめのドットを描きたいときは爪楊枝の先端部分を、大きめのドットを描きたいときは綿棒を使うとOKです。



【#NOTDが提案するドットネイルのデザインレシピ】

丸いホログラムを使うことで、ドットを表現することができます。
ミラーネイルやシースルーのドットネイルを取り入れることで、コンサバ風に仕上げましょう!

くすみカラーにゴールドのドットを合わせることで、シンプルながらも個性的なネイルになりました!縦一列のドットがアクセントになって可愛いです。


マーブルネイル

ネイルカラーを混ぜ合わせて、繊細な模様と色あいを楽しめるマーブルネイルは一見難しそうと思われがちですが、実は身近にあるアイテムを使うことで簡単にできちゃうデザインなんです!

ITEM INFO

【準備するもの】


PROCESS03

【やり方】
1.ベースジェルを塗る

プレパレーションをして、ネイルクレンザーで余分な油分・汚れを拭き取ったら、
HOMEI ウィークリージェルのWG0 クリアを爪全体に塗って、

硬化します。

2.ベースカラーを塗る

ベースカラーとなるHOMEI ウィークリージェルの WG1 ウェディングドレスを塗って、

再度、硬化します。

なお、ベースカラーは2度塗りするのがオススメです!1回目の硬化が終わった後は、もう一度WG1 ウェディングドレスを塗って硬化しましょう。

3.マーブルを作っていく

マーブルのベースとして、再度WG1 ウェディングドレスを塗ります。
(この段階では硬化・仮硬化はしないので、気をつけてください)

次にHOMEI ウィークリージェルのWG-12 レディピンクを、ドット状にポンポンと置きます。

WG-12 レディピンクのすき間を埋めるように、WG1 ウェディングドレスも置いていき、

爪楊枝を使って、WG-12 レディピンクとWG1 ウェディングドレスを混ぜます。爪楊枝は色が混ざるように、S字を意識して動かすと◎

マーブル模様が完成したら、硬化します。

4.最後にWG-0 クリアを塗る

マーブルを作った後は、仕上げにWG-0 クリアを塗って硬化させると完成です!


SUMMARY

【ワンポイントアドバイス】

①ベースカラーは2度塗りをすると、色ムラなどが無くなってキレイな仕上がりになります。
②マーブルを作るときは、目立たせたい色を分量多めにして先に置くと、模様のバランスが上手く取れます。
③マーブルは爪楊枝で混ぜすぎると、キレイな模様が作れなくなるので、混ぜすぎないように注意しましょう。



【#NOTDが提案するマーブルネイルのデザインレシピ】

ピンク×ホワイトを使ったマーブル模様が、大人ガーリーを感じられます。
ちなみにマーブル模様は、何本かの指にポイントとして入れると、存在感が増します!

ビビットピンクを使ったマーブル模様は派手で可愛すぎる♡
シェルやマーブルも合わせると、少しだけ大人っぽい雰囲気にもなりますよ。

マーブルネイルをマット仕様にすることで、モード感あふれる仕上がりに! 人とは違うマーブルネイルを楽しみたい人にオススメのデザインです。


アートネイル

爪先に何かを描く「アートネイル」はサロンでしかできない…なんてことはありません!セルフでもアートネイルに挑戦することはできますよ。数多くあるアートネイルの中で、特に人気の高いフラワーアートのやり方を紹介します。

ITEM INFO

【準備するもの】


PROCESS03

【やり方】
1.ベースジェルを塗る

プレパレーションをして、ネイルクレンザーで余分な油分・汚れを拭き取ったら、
HOMEI ウィークリージェルのWG0 クリアを爪全体に塗って、

硬化します。

2.ベースカラーを塗る

ベースカラーとなるHOMEI ウィークリージェルのWG3 ヴァン ロゼを塗って、

再度、硬化します。

なお、ベースカラーは2度塗りするのがオススメです!1回目の硬化が終わった後は、もう一度WG3 ヴァン ロゼを塗って硬化しましょう。

3.フラワーを描く

まずは小さくカットしたアルミホイルの上に、フラワーを描くときに使うカラーを置くと◎
早速、HOMEI ウィークリージェルのWG21 ラブを置いて、爪楊枝に取りましょう。

爪楊枝の先でガーネットをイメージするように、爪にWG21 ラブを置きます。

次はHOMEI ウィークリージェルの WG1 ウェディングドレスを爪楊枝にとって、花びらをポンポンと描きます。

花びらも描けたら、HOMEI ウィークリージェル WG17のマーメイド ターコイズを使ってすき間に葉っぱを描いていきましょう◎このようにフラワーアートが描けたら、

硬化します。

4.最後にWG-0 クリアを塗る

フラワーの真ん中部分に小さいストーンをのせて、仕上げにWG-0 クリアを塗って硬化させると完成です!


SUMMARY

【ワンポイントアドバイス】

①アートを描くときは爪楊枝は寝かせながら、ちょこんと置いて離すようにしましょう。


【#NOTDが提案するアートネイルのデザインレシピ】

花火や金魚、ヨーヨーなどもアートでお任せ!
浴衣をきて夏祭りに行きたくなっちゃうような、夏を感じられるデザインです。


ストーンネイル

ストーンはジェルネイルのアレンジには欠かせないパーツと言えます。使用するストーンの種類や置き方によっては、オフィスやデートなど色んなシーンで活躍すること間違いなし!そこで、ストーンの基本的な付け方をマスターしましょう。

ITEM INFO

【準備するもの】


PROCESS03

【やり方】
1.ベースジェルを塗る

プレパレーションをして、ネイルクレンザーで余分な油分・汚れを拭き取ったら、
HOMEI ウィークリージェルのWG0 クリアを爪全体に塗って、

硬化します。

2.ベースカラーを塗る

ベースカラーとなるHOMEI ウィークリージェルのWG11 アンティーク ローズを塗って、

再度、硬化します。

なお、ベースカラーは2度塗りするのがオススメです!1回目の硬化が終わった後は、もう一度WG11 アンティーク ローズを塗って硬化しましょう。

3.ストーンをつける

ストーンをつける前に、WG-0 クリアを塗ります。
(この段階では硬化・仮硬化はしないので、気をつけてください)

ネイル用ピンセット(なければ、爪楊枝やウッドスティックでもOK)でストーンを取って、爪にのせます。

ストーンを全部のせることができたら、硬化します。

4.最後にWG-0 クリアを塗る

ストーン部分の硬化が完了したら、仕上げにWG-0 クリアを塗って、再度硬化させると完成です!


SUMMARY

【ワンポイントアドバイス】

①ストーンの上にWG-0 クリアを塗りすぎると、ストーン本来の輝きが無くなってしまうことも。なので、仕上げのWG-0 クリアは塗りすぎないようにしましょう。


【#NOTDが提案するストーンネイルのデザインレシピ】

ピンクストーンとハートのホロを使った、POPで可愛らしいハートネイルです。
ラメとストーンの輝きで、派手な指先になれますよ!


アレンジのやり方をマスターしてジェルネイルを作ろう

ジェルネイルの人気アレンジデザインを6つ紹介しましたが、いかがでしたか?難しいと思ってたデザインも、実は簡単に作れるなんて驚きですよね。
今回紹介したグラデーション、フレンチ、ドット、マーブル、アート、ストーンのやり方を把握しておくと、デザインの幅が広がってセルフネイルでもプロ級の仕上がりを目指せるはず。人気のアレンジデザインをマスターして、自分だけのデザインを作ってみてはいかがでしょうか。